ネットショップに必要な4つの機能

ネットショップの運営に必要不可欠な機能は4つです。


1.ホームページ(ショップページ)を作る
2.商品の受注・発送の管理
3.売り上げの分析(アクセスの統計と解析)
4.メール・メールマガジンの管理

これが出来れば、ネットショップはなんとか作れます。
売り上げは別として・・・・



ネットショップの仕組みは、こんな感じです


楽天市場やヤフーショッピング等の大手のインターネットショッピングモール(電子商店街)なら、もちろん全て完備されています。

楽天市場で用意されているのは”RMS”と呼ばれる、ネットショップ総合管理システムですが
”RMS”の紹介ページを見ると、ネットショップに限らず、通信販売全般に必要な機能と仕組みが良く分かります。
もちろん、細かく言えば、他にも色々必要な機能はありますが
ネットショップを始めることが、取り合えず、出来ます。
売上は別として・・・


極力安い費用負担でネットショップを運営するなら



1.

ホームページ(ショップページ)を作る


楽天市場の多くのショップでも使っていますが、一番メジャーなHP作成ソフトはホームページビルダーです。
最新バージョンで約14000円です。
ホームページの作成を外注すると、ページ数にもよりますが
2〜30万円は覚悟したほうが良いと思います。

ショップページを”ワードプレス=WORDPRESS”や”ムーバブルタイプ=MovableType”で作るなら、多くのサーバーが無料で提供していますし、マニュアルも、<ワードプレス 使い方>とか<ムーバブルタイプ 初心者 使用法>とかインターネットで検索すれば、たくさん手に入ります。

まあ、このサーバーならどれでも自動でインストール出来て、マニュアルも完全完備です。
安すぎるので、使ってます。サポートもしっかりです。
月額98円からの高機能レンタルサーバー「クイッカ」

お使いのパソコン(正確にはブラウザですが・・・)によっては、検索結果が文字化けするので、まず、最初に”検索ボタン”を押してください。検索のページになりますから、調べたい言葉=キーワードを入力してください。









カスタム検索





2.

作ったお店=ショップページはどこかのサーバーに置かなければなりません。


費用は月額100円位から結構あります。

サーバー???という人はこのサイトが抜群に面白く分かりやすいですよ

ネットショップ開業に合わせたコースやショッピングカートを標準装備したコース等たくさんあります。

サポート充実で初心者でも安心なレンタルサーバー。容量最大60GB/105円〜でブログ、ウェブメーラー、ショッピングカートと多彩な機能がついて、cron、共有SSLも対応!


e-shopsカート2レンタルサーバ付プラン


月99円〜、エクストリムレンタルサーバー


月額250円〜で、容量5GB、独自ドメイン、CGI使用、商用利用可能!

FC2レンタルサーバーLite


月額98円からの高機能レンタルサーバー「クイッカ」


Mbレンタルサーバー


【レンタルサーバ Xbit】
低価格・高品質のビジネスクオリティー。300MB 1,050円〜・申込から30分でサービススタート可能!



格安・高信頼サーバーなら、クイックサーバー


また、ホームページを作るとドメインが必要になります。
いわゆる、”アドレス=URL”ですね。普通に”ドットコム=.com”形式なら、どこのサーバーでも、年間1000円程度で、所有できます。

3.

商品の受注・発送の管理



ネットショップ運営管理ソフトやレンタルのショッピングカートを使います。月額千円位でも出来ます。携帯やスマホへの対応も今や当たり前なので、心配はいりません。

カラーミーショップ

驚きの『月額875円』が一番の魅力。『無料お試し期間』が30日で初心者には安心です。

将来、本格的にネットショップを運営する場合でも、十分対応が可能。

ショップサーブ

12年の運営実績とサポートの充実が売りです。

e-shopsカート2

独自ドメインとサーバが付いたプランでも3400円です。

レンタルショッピングカートXcart


月額1050円、一通りの必要な機能は装備されてます。

きりがないので、これくらいにしときます。

4.

売り上げの分析(アクセスの統計と解析)



普通のサーバーやショッピングカートなら一応付いているはずです。
自分で細かく分析したいなら、やはり
グーグルが無料で提供してる、Google アナリティクスが良いと思います。
便利です。
分析できない情報は、ありません。
全部使いこなせる人は、多分、日本にはいないくらい、機能が盛り沢山です。

5.

メール・メールマガジンの管理



ネットショップを開業したら、あらゆる場面で、メールは欠かせません。

注文時のお礼・入金確認・発送・到着予定のお知らせ・季節ごとの販売促進・新商品の宣伝・
クレーム対応・誕生日のお祝い等々。
ネットショップの成功は、メールの使いこなしが、鍵(カギ)です。

メールを使わないネットショップは、タイヤの無い車ほどに、あり得ません。

普通パソコンを買えば、"Out Look"とか、メールソフトは付いているので、当分それで対応できます。
もっとも、どうせ、サーバーは借りることになるので、自動的にメールアドレスも、取得できますが。

パソコン知らずの中高年でも判るネットショップ講座
posted by netshop-beginner at 07:46 | ネットショップ 出店

お客様はどこから来るの?

あなたのネットショップにお客様はどうやって来るかわかりますか?


インターネットでの、訪問経路は大きく分けて3つです。
1.ヤフーやグーグル、マイクロソフト(ビング)のいわゆる3大検索エンジンから
2.楽天市場、ヤフーショッピング、アマゾン等のインターネットショッピングモールから
3.ヤフー、MSN等のポータルサイトやメルマガ等の各種広告媒体から
取り扱う商品の特性によって柱となる”経路”は違ってきます。

知名度がある商品の場合は


1.の検索エンジン経由が多くなりますが、競合他社も当然多くなります。

知名度が低い商材の場合


やはり、広告・宣伝の比重が大きくなります。


ただし、知名度が低くても、十分商売になる場合があります。


狭くても深いマーケットの商品です。
言いかえれば、コアな需要がある場合です。
必要としている人は限られているが
必ず、継続的に”それ”が必要になる場合です。
例えば、介護用品、健康食品、薬、業務用品等の専門分野に特化したマーケットですね。
こうした商材は、購入者が「自分から調べて探す」という傾向が強いのです。


検索エンジン対策=SEOが上手くいけば、少ない費用負担で、大きな集客が見込めることになります。

人気店の成功秘話一挙公開!失敗談も!?詳細はこちら


posted by netshop-beginner at 14:14 | ネットショップ 出店

ネットショップ出店:初めてでも大丈夫?

ネットショップの出店を検討している未経験者・初心者の方へ


あなたが知りたいのは
「ネットショッップって儲かるの?」
「経験がなくても出来るの?」
ですか?



インターネットショッピング(ECショップ)の現状について


インターネットショッピング(オンラインショッピング)の現状について、ちょっと、お話しますね。

EC(Electronic Commerce)市場の拡大が止まりません。
ECとはつまり、Webサイト(ホームページ・ブログ)を活用した「消費」です。

分かりやすく言うと
パソコンや携帯で買い物をする人は毎日どんどん増えている、ということです

インターネットショッピング(オンラインショッピング)に代表される
EC(Electronic Commerce)市場は2006年には約3兆8,000億円でしたが、
2010年には6兆円に達すると予測されていました。


インターネットショッピング(ECショップ)の可能性


しかし、実際には野村総合研究所の、
「ネットビジネス市場6分野、モバイル市場4分野、ハード市場8分野についての予測結果」によると
日本のBtoCの EC市場規模は、2010年には7兆3,123億円となったそうです。

つまり、予想を大きく上回る早いペースで ネットショップでものを買う人が増えていることになります。
お店に行かなくても、パソコンや携帯・スマートフォンで買い物するのが当たり前の時代なのです。

しかし、日本の消費経済は約180兆円といわれています。
インターネットやモバイルでの消費は、まだ全体の10%にも達しないのです。

ネットビジネス市場には、インターネットショッピングに加え
インターネット広告、音楽配信、インターネットオークション、オンライン決済等があります。
ネットビジネスの市場全体では、2010年度の流通総額=約12兆円から、
2015年度には18兆円へと、約1.5倍の拡大が見込まれています。




ネットショップの時代はこれからが本番ということです。
ネットショップの出店で、お金を儲けるチャンスは、まだまだ誰にでもあるのです。

実際、2010年にもネットショップを出店し、儲けた人が沢山います。

ちなみに最大手、楽天市場の一店舗の月の平均売り上げは244万円
1000万円を超えるお店が800以上あるそうです。

ちなみにココだけの話ですが、
ヤフーショッピングの月平均売り上げは110万円です。(2011年7月時点の各社最新IRから)

楽天市場は、1997年5月にサービスを開始。
当初の出店数は13店舗で、初月の流通総額はわずか32万円だったそうです。

毎年20%以上の成長を続け、現在の流通総額は一日約25億円です!!




ネットショップの出店の仕方=初心者・未経験者のための出店方法


ネットショップ:ふたつの出店方法


ネットショップの出店方法には大きく分けて2通りあります。

@ 自分で作ったサイトで商売をする方法
A 楽天市場に代表されるショッピングモールに出店する方法



自家製のサイト(ホームページ)で出店


街のどこかで店舗を借りて商売をするか デパートの中にショップを出すかという感じでしょうか。
よほど独自の魅力のある商品なら競合相手も少なくてやっていけるかも知れませんね。

でも、自力で”商売”をするなら、ヤフーやグーグルでの検索結果で上位に表示されない限り
あなたのお店に訪れる客はほとんどいないと思ったほうが良いと思います。

何か買いたいものがあって、それをインターネットで購入しようと思ったとき
人はまず、ヤフーやグーグルでほしい商品の名前を入れて検索をします。

検索をするとその結果が表示されますよね?
通常10件のサイト(ホームページ)が現れます。
そこで納得がいかないと次のページを見ます。
アナタは何ページくらいまで見ますか?

統計上、人は大体3ページ目までしか見ないそうです。

ということはアナタのお店または商品がベスト30に入らないと
誰もアナタのお店に訪れないことになるのです。
だって、アナタのお店があることを誰も知らないわけですから。

ヤフーやグーグルの検索結果で良い位置に出るための対策を
SEO=検索エンジン対策といいます。
英語だと Search Engine Optimization=検索エンジン最適化と言います。

それができないと、無人島にお店を出すことにもなりかねません。

SEOは検索エンジンの検索結果で、より上位に現れるようにウェブページを作る技術のことです。
業者はたくさんいますが大体数十万円取られます。(泣)
それでも、結果が出れば良いのでしょうが・・・
先日も、数億円の脱税をしたSEO業者のニュースがありましたねぇ。


楽天市場に代表されるショッピングモールへの出店


初心者・未経験者がネットショップを出店するなら、確実性があるのは、やはり
楽天市場やヤフーショッピング等の ショッピングモールへの出店だと思います。

当然、出店料は必要ですが、なんと言っても訪問客の数が違います。
それに思ったほどの費用でもありませんし。

楽天市場もヤフーショッピングも初心者用のコースは月額約2万円です。

魚のいない場所で釣りをしても魚は釣れません。
ネットショップの出店では集客の問題が一番重要です。
それができるのはやはり楽天市場やヤフーショッピングのような
魚が沢山いる場所でしょう。
そこにはネットショップの出店で成功した方が沢山います。

楽天もヤフーも無料の資料を請求すると ネットショップの成功事例を手にすることができます。
その中にはネットショップ未経験者や初心者の方も沢山います。

ヤフーショッピング資料請求は法人か個人事業主のみですが
楽天は個人でも大丈夫なので入手が簡単です。

成功への一番の近道は成功者に学ぶことです。

楽天市場でネットショップ出店資料を請求をすると

ネットショップ出店ガイドブック
ネットショップ成功事例集
楽天市場出店規約
楽天ビジネス活用ハンドブック


の4点が無料で手に入ります。

ホームページでのお店の作り方、ネットショップの運営方法
必要な手続き、申請関係等々 ネットショップの出店に関して必要なことが
全部解ってしまいます。

カラー写真がいっぱいの大判カタログで、
見やすくて分かりやすい
本屋で売っててもいいくらいの内容です。


大手なので資料を請求した後にうるさい売り込みの電話などはありません。
しかも、定期的にネットショップに関する最新情報や初心者のための無料セミナーの案内状も届くようになります。


楽天市場のネットショップ出店資料請求ページへ







リンクをクリックすると、楽天市場のページにジャンプします。
そこで”資料請求はこちら”のボタンをクリックすると申し込み入力欄が出ます。
申し込みの際は”事業形態”は「その他」にチェック
”御社名”、”取り扱い商品ジャンル”、”取り扱い商品”の入力欄には、
もしネットショップを作るならという前提で記入すれば大丈夫です。
楽天市場から確認の電話が来ると思いますが、その時には資料を希望したと伝えてくださいね。



楽天市場出店4ヶ月で月商500万!!
1kg1000円伝説の煎餅の話はものすごく参考になりますよ。


ネットショップを初心者が出店する


楽天市場のネットショップ出店資料請求ページへ

”BtoC”とは


電子商取引(EC)の形態の一つで、企業(business)と一般消費者(consumer)の取り引きのこと。
(いわゆるインターネットショッピング・オンラインショッピングのことです。)
企業間の取り引きはB to B、一般消費者同士の取り引きをC
to Cという。
インターネット上に商店を構えて消費者に商品を販売するオンラインショップ(電子商店)が
最も一般的な形態だが、ソフトウェアや画像、音楽などのコンテンツを販売するビジネスや
オンラインゲームやオンライントレードのようにサービスを提供する事業者も登場している。


数字で見る楽天のスゴサ
ネットショップの勧め(すすめ)・ネットショップを作るためのヒント
ネットショップの初心者に必要なのは?
ネットショップの作り方・初心者へのヒント
G:ネットショップの作り方・初心者へのヒント
ネットショップ開業のキモは支援(サポート)です
楽天ショップの作り方:知らないと損するネットショップの作り方
ネットショップの始め方:ネットショップを知らない初心者用
ネットショップの始め方
在庫処分のアドバイス・ネットショップで試す在庫処分
ネットショップで成功するための無料セミナー
ネットショップ作成・初心者へのアドバイス


Copyright © ネットショップ出店初めてでも大丈夫? All rights reserved


posted by netshop-beginner at 17:49 | ネットショップ 出店
Powered by さくらのブログ